PR-TIMES(D社プレスリリース抜粋)

USO800 フォーラム 掲示板(O氏&D社 プレスリリース記録とか) PR-TIMES(D社プレスリリース抜粋)

  • このトピックには7件の返信、1人の参加者があり、最後にくのいちにより10ヶ月前に更新されました。
8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #188
    くのいち
    キーマスター

    2020年12月15日 08時00分

    東大発ベンチャー、AI技術を駆使した純国産SNSを開発へ。テスト版(β版)のリリースは2021年9月下旬

    純国産SNS「Daisy」では、自社の特許技術であるAIアルゴリズムを応用し情報の信頼性を判断することで、運営による検閲のない信頼できる情報を配信するSNSを実現します。

     

    開発は元東大特任准教授の大澤代表のゼミ卒業生を中心とする日本国内のエンジニアチームで実施予定

     

    リリースは2021年9月を予定しており、試用を希望するユーザはクラウドファンディングに参加することで早期利用が可能となります。

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000036904.html

    #190
    くのいち
    キーマスター

    2020年12月17日 08時00分

    15日発表の東大発ベンチャーによる純国産SNS、既にクラウドファンディングが1,000万円台を突破

    今月15日に自社のDaisyプラットフォームを活用した純国産SNS「Daisy」の開発を予告していました。

     

    ■クラウドファンディングへの参加方法
    今回の公募は「購入型クラウドファンディング」に分類されるもので、支援者はアプリの先行試用権を購入する形でプロジェクトの支援を行います。期間は2020年12月21日(月)23時までであり、目標金額は2,000万円です。決済はPayPal上で行い、毎晩8時に新規の枠が追加されます。(※未達の場合は返金

     

    ①運営メンバー参政権(3万円)   85 人/日
    ②一般メンバー利用権(1万円) 1,000 人/日
    ③銀行振込(金額自由)

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000036904.html

    #192
    くのいち
    キーマスター

    2020年12月21日 08時00分

    東大発ベンチャーによる純国産SNS、クラウドファンディングが目標金額の2,000万円に到達

    今月15日に自社のDaisyプラットフォームを活用した純国産SNS「Daisy」の開発を予告していました。

    その後、同代表のツイッターアカウントの呼びかけで行ったクラウドファンディング企画では、4日目にあたる先週金曜、目標金額である2,000万円台を集めることに成功しました。

    なお、クラウドファンディングは目標金額達成後も継続しており、本日(18日)が最終日となります。

     

    ■クラウドファンディングへの参加方法
    今回の公募は「購入型クラウドファンディング」に分類されるもので、支援者はアプリの先行試用権を購入する形でプロジェクトの支援を行います。期間は2020年12月21日(月)23時までです。

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000036904.html

    #197
    くのいち
    キーマスター

    2020年12月22日 08時00分

    東大発ベンチャーによる純国産SNS、好評のクラウドファンディング企画が21日夜に終了
    僅か1週間で2,000万円を超える調達に成功

    株式会社Daisy(代表取締役:大澤昇平)が公式ツイッターアカウントで行ったクラウドファンディング企画が終了し、目標金額である2,000万円超を1週間で調達することに成功した。最終的な調達資金は非公開。今後はネットで先行予約を受け付けていく予定。

    今月15日に自社のDaisyプラットフォームを活用した純国産SNS「Daisy」の開発を予告していました。

     

    今回の資金調達手段は「購入型クラウドファンディング」に分類されるものですが、通常は17%~20%かかるとされるプラットフォーム手数料を抑えるためにあえて大手プラットフォームを経由せず、ツイッターのみでの公募を実施しました。

     

    こうしたスキームは当社の金融専門家チームにより設計されたものであり、今後の大学発スタートアップによる資金調達のモデルケースの一つになることが期待されます。

    既に支援者からもサービスのリリースを待望する声が強く、顧客満足度も高いものとなっています。

     

    なお、最終的な調達金額は非公開とし、支援者のみに開示をいたします。

     

    今後は、ネット上でプロダクトの先行予約などを展開して参ります。

     

    ■今後の予定
    2021年3月~7月 クラウドファンディング支援者向けに順次リリース
    2021年9月下旬  一般ユーザ向けに無料公開

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000036904.html

    #198
    くのいち
    キーマスター

    2021年4月6日 08時38分

    東大発ベンチャーが主導する保守SNS開発プロジェクト、第1回企画会議が完了。目玉機能は「国籍認証」

    昨年12月にクラウドファンディングを実施した保守SNSプロジェクト、3ヵ月に渡る企画会議が完了した。

    投票には、選出された550名が参加した。

    国籍認証を主軸に、今のSNSにおけるアイデンティティ問題の解決に取り組む予定だ。

     

    大澤昇平氏が創業した東大松尾研究室発AIベンチャー、株式会社Daisy(代表取締役:同)では、自社のDaisyプラットフォームを活用した純国産SNS「保守SNS」の開発を行うことを宣言し、昨年12月に購入型クラウドファンディングにより2000万円超を調達した。

     

    今回の会議で決定した国籍認証では、認証局がパスポートや戸籍謄本のような政府発行の公的な身分証明書を用いて発言者の国籍および同一性を確認した後、認証バッジを発行する。ユーザは認証バッジをユーザ名の横に表示することにより、自身の国籍が事実であることを証明することができる。最初の認証局は参政メンバーの投票によって決定される。このような技術は「分散型事実認定」の一つに分類され、株式会社Daisyのノウハウが活用されている

     

    純国産SNS「保守SNS」では、自社の特許技術であるAIアルゴリズムを応用し情報の信頼性を判断する

    開発は大澤代表のゼミの卒業生を中心とする日本国内のエンジニアチームで実施予定

     

    リリースは2021年9月を予定しており、クラウドファンディングに参加したユーザに順次配布している

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000036904.html

    #199
    くのいち
    キーマスター

    2021年6月23日 08時00分

    東大発ベンチャーによる国産SNSのロゴが決定!総勢500名がコンペに参加

    保守SNS開発プロジェクトは、大澤氏の呼びかけに呼応した賛同者が、同氏を筆頭に運営している

    バーチャル会議室で様々な議題を取り上げており、今年4月よりクラウドファンディングに参加したメンバーを対象に行われた公募を通じて、今回画像の通りロゴマークが決定した。

     

    昨今、LINEの情報漏洩問題を初めとする巨大資本によるデータの独占が問題になっており、我々ネットユーザーはこうした巨大資本に翻弄されて来ている。誰もが事実を知り、安心して自由に発言できる場を望んでいることは明らかである。同氏がツイッター上で当プロジェクトの構想について事前告知を行ったところ、延べ1万人を超える賛同の声が集まっており、期待度は高い。国産SNS「保守SNS™」に大して多くの賛同の声が集まったことは、一つの追風であると捉えることができる。本プロジェクトは「保守」の名を冠してはいるが、日本のみならず、すべての国の真の愛国者が、それぞれ自国を愛し、他国を侵害せず長所を認め合う、そんな同士に門戸は開かれている。

     

    リリースは9月を予定しており、順調に開発が進められている

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000036904.html

     

    #200
    くのいち
    キーマスター

    2021年8月10日 08時00分

    東大発ベンチャーによる保守SNSのテスト運用がスタート!

    保守 SNS は 9月末にリリースを予定している。

    今回、出資者向けのサービスの一環として、一部のプレミアムメンバーに対して【7月19日~8月6日】にクローズドな場で先行テストを実施した。

     

    テストには出資者のうち50名以上が参加した。多数の出資者のうち、希望した50名以上がアルファ版のテストに参加した。アルファ版のテストは、基本的な SNS の機能に加え、保守 SNS 独自の国籍認証が正しく機能することを確かめることが目的である。

     

    国籍認証を実施した100%が日本国籍であることが明らかになった。保守 SNS の国籍認証では専用の入力フォームを使用し、戸籍抄本や公的な身分証明書の画像と共に、身分証と自撮り写真を送ることで登録を行う。

     

    利用を希望しなかった【5名】を除き、【54名】が国籍認証を実施した。その結果、全員が日本国籍であると認定された。

     

    TOKYO 2020で私達が見たものは、各国の選手がオープンなルールのもとで競い、お互いを尊重する姿であった。

    保守SNSは言論の世界にも同じ舞台を提供する事を目的としている。

    そのSNSを我が国でTOKYO 2020が開催された年にリリースできる事に感謝しつつ、世界の多くの人々に支持される仕組みを構築していく。

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000036904.html

     

    #201
    くのいち
    キーマスター

    2021年8月18日 08時00分

    東大発ベンチャーによる保守SNSの名称が遂に決定!アプリ名は「SAKURA」

    今年2月に参政権者からアプリ名を募集、総勢550人の参政権者が2月の段階で86の名称をあげ、7月のバーチャル会議室での投票により最終的にSAKURAと決定した。

    名前のアイデアは、2月の段階で86通り出され、その全ての案を含めた投票フォームを作成し、7月5日(月)~12日(月)まで投票が行われた。投票は各自が相応しいと考える5案を希望する順に選び1位6点、2位3点、3位2点、4位1.5点、5位1.2点を加点する集計方法でDaisy社が行い、最多ポイントを獲得したSAKURAが選ばれた。

     

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000036904.html

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。